脱毛器 種類 比較

家庭用脱毛器の種類と比較

家庭用脱毛器にも、種類があるのをご存知ですか?
私は恥ずかしながら、家庭用脱毛器=どれも同じように脱毛するもので、ただメーカーが違うだけといった認識でした。
しかし、実は家庭用脱毛器でも、商品によって脱毛方法が異なるのです。

 

そこで、今回は家庭用脱毛器の種類を見ながら比較していこうと思います。

 

 

◆フラッシュタイプ…これ、有名だと思いますがいかがでしょうか。
脱毛サロンと同じように、光をあてながら、毛根を判別して脱毛を行っていきます。
痛みはほとんど気にならないのが特徴ですが、肌の色が濃い人や、日焼けしている人には向きません。
価格は高額で、定価は10万円くらいですが、だいたいは7万円程度で購入できます。
人気はダントツトップを誇っています。
カートリッジを交換できるので、使いきりではないのも人気の一つです。

 

◆ヒーディングタイプ(サーミコン式)…これも聞いたことがあるかもしれませんね。
熱によって毛の根元から焼いていくタイプの脱毛器です。
フラッシュタイプで脱毛効果が出ないという、肌が黒めの人や、産毛の処理に適しています。
使い切りタイプであり、熱に弱い人には向きません。
価格は3万円程度ですが、人気は微妙なところ。

 

◆レーザータイプ…医療機関で行うあのレーザー脱毛が、自宅でも行えるというものです。
ただし、医療機関で行う程の効果は期待できません。
一度に脱毛できる照射面積が狭いため、ある程度どこかで脱毛をした人が使用しないと、脱毛に時間がかかるでしょう。
価格は5万円程度で、レーザー脱毛のため、人気は高めです。ただし、こちらも使い切りタイプとなっています。

 

◆巻取りタイプ…大手メーカーより販売されている脱毛器ではありますが、ただ機械に毛を巻きこんで脱毛を行うタイプのため、毛はまた生えてきます。
毛抜きの代わりに使用したく、その場しのぎでよいという人にはよいかもしれませんが、人気のほどはイマイチです。
値段についても一番安価で、1万円強で購入できますが、使いきりタイプであり、一番痛みがあります。

 

 

といったところでしょうか。
やはり、値段に応じて効果や痛みも変わってきますね。
ただ抜くだけの脱毛器も一時は人気でしたが、今はゆっくり時間をかけてでも、産毛にしていき自然と毛をなくしていくような脱毛方式が人気となっています。